Blogブログ

AyaCareエステ・東京のスタッフブログ「Lace your lovely face」。

  • HOME
  • ブログ
  • 体自身で生成することはできない必須の物質、ビタミン

体自身で生成することはできない必須の物質、ビタミン

ビタミン

ビタ(Vita) = 生命
ミン(Amin) = 科学窒素との組み合わせ

ビタミンは、必須の物質です。体自身で生成することはできません。その為ビタミンは、食べ物から摂るか、他の方法で摂取しなければなりません。私達の食べ物には、通常のビタミンとは異なる量でビタミンは含まれており、それはいわゆるプロビタミン(ビタミンの前段階)と言います。それらは、体内で必要に応じたビタミンに変わります。

分かりやすい例で言いますと、Bカロチンは、プロビタミンAとビタミンDへと指示されます。紫外線の影響下でビタミンD3は、プロビタミンデヒドコレステロールの合成の可能性があります。それが、代謝の製品です。

ビタミンC

ビタミンは、体内物質として構築しないと共に、体内活力と一緒に供給もしません。ビタミンは、活性物質として生物のための制御機能を持っています。説明は次の通りです:これらの物質の大きな役割は、代謝の異なる手順に連鎖することです。

複数のビタミンを摂取しても、体内での反応はほとんどありません。異なるビ タミンが代謝で一緒に動いていても、一つ一つ独自の特殊機能を持っています。ということは、一つのビタミンが足りない場合、機構全体の手順又は一部の障害になる可能性があります。

ビタミンの大きな欠損を、ビタミン欠乏症と言います。ビタミン欠乏症は、ビタミン不足を意味します。ビタミンの摂り過ぎは、ビタミン過剰症という病気です。

脂容性ビタミンと水溶性ビタミン

1.脂溶性ビタミン: A, D, E, K
体内に存在する場所: 脂肪細胞、細胞膜、肝臓
蓄積: 可

2.水溶性ビタミン: B-コンプレックス(数種のビタミンB)
体内に存在する場所: 細胞内、血液、細胞間
蓄積: 不可

ビタミンの効果

神経向性ビタミン

これらのビタミンは、神経に必要です。これらは、神経組織のエネルギー代謝に重要です(特に脳神経組織)。ビタミンB群は、神経向性ビタミンの一種です。
ほとんどの神経向性ビタミンは、コエンザイム(補酵素)効果を持っています。それは、体内で代謝機能に動く無数の酵素と一緒に働くことを意味します。同時に、すべての酵素は特殊な一つ以上の反応をし、限られたビタミンだけが、選ばれた酵素と一緒に働きます。

抗酸化ビタミン

ビタミンC、EとBカロチンは、この分類に属します。抗酸化ビタミンは、“フリーラジカル”と呼ばれる活性酸素から細胞を保謹します。

ビタミンの細胞核への影響

ビタミンAとDのような脂溶性ビタミンは、直ぐに細胞核に浸透します。ここは、遺伝子全体の情報を持っています。この両方のビタミンは、体細胞の増殖とタンパク質の生産を制御します。これらのタンパク質は、身体全体の成長と維持の基礎となります。

何がビタミンを損傷させるか?

貯蔵

食品や化粧品は、保存期間や条件にもよりますが、かなりの損失につながる可能性を持っています。

光、空気及び熱

ビタミンは、非常に敏感な物資です。光、空気や熱により破壊され、効能を減少させます。もしビタミンを化粧品に入れたとしたらら、それは、大きなかけと同じです。大量生産でのビタミン入り化粧品は、決して良い商品とは言えません。ビタミンは、連続的に光や空気にさらされると、その効果は短時間で失われます。

産業処理

例えばコーンライスを例にあげると、自然玄米のビタミン含有量を比較すると、もみ殻をむく過程で顕著に減少します。

関連記事


エステ料金表

運命より綺麗になれる。ドイツ レティパルムのビタミン導入コスメを使用したフェイシャルエステが受けられるのは、多摩地域は当サロンだけ!

アヤケア地図
アヤケアエステ 東京 (羽村市 小作駅 徒歩3分) ◆ 近くの市:羽村市、福生市、昭島市、青梅市、あきる野市、武蔵村山市、立川市、入間市 ◆ 青梅線:青梅駅、東青梅駅、河辺駅、羽村駅、拝島駅、昭島駅、立川駅

LINEからご相談を受け付けています。English・Tagalog・日本語OK。

The access_token provided is invalid.