Blogブログ

AyaCareエステ・東京のスタッフブログ「Lace your lovely face」。

ビタミンAとは?ビタミン投与の重要性

ビタミンA

ビタミンAは、自然ビタミンで肌を保護します。それは、健康な皮膚の維持と管理のために必要です。

ビタミンAは、20世紀当初に発見され、1931年に化学構造が解読されました。1947年以降それは、合成で製造することが可能となりました。50年代初期、日光が皮膚と血液中のビタミン濃度を減少させることが分かりました。それは、すべての他のビタミンにも当てはまります。

ビタミンAは、さまざまな形で存在します。どの形もレチノイドとの結合です。

1. ビタミンA酸

ほとんどが活性型です。処方箋で得られること以外、化粧品としての役割を果たすことはありません。ビタミンA酸を外用として使用した場合、皮膚が感光します。

2. レチノイド

ビタミンAのアルコール分で、非常に活発ですが、ビタミンA酸より積極的ではありません。この形状でビタミンAは、血液の循環で運ばれます。レチノイドをクリームに入れて製造する事は、非常に難しい事です。何故なら、化粧品に入れた場合、短時間で揮発することが証明されています。

3. ビタミンA-パルミテートと、ビタミンA-アセテート

ビタミンAからのエステル(オキシ酸とヒドロキシル基を含む化合物との縮合反応で得られる化合物ーカルボン酸)形態です。そのまろやかさから肌に吸収性があります。この形態でビタミンAは、肝臓にも貯蔵されます。皮膚内のビタミンAの80%以上は、ビタミンA-パルミテートで作られています。ビタミンA酸とは対照的に、ビタミンA-パルミテートやアセテートは感光性の原因にはなりません。

4. ビタミン投与は、非常に重要

ビタミンAは、特別な措置で、国際単位(I.U.)と呼ばれています。それは、小さな線量 500IU程度では、科学的に皮膚への効果がない事が証明されています。実効線量の国際単位では、1,000~10,000 とされています。

ビタミンA-パルミテートの皮膚への効果

ビタミンAは、細胞の育成を促進します

表皮が厚くなれば、より安定し治りの過程も加速します。

ビタミンは、皮膚の免疫システムを向上させます

紫外線は、免疫細胞(ランゲルハンス細胞)を破壊します。ビタミンAは、これらを保護し、細胞本来の働きをさせます。この意味は、識別し欠陥のある細胞を破壊するということです。

ビタミンAは、皮膚をなめらかで柔らかい肌にする効果があります

厚い多孔質角質層は、強く圧縮されています。結果、紫外線から自然保護し、なめらかで柔らかい感触の肌を作ります。

ビタミンAは、皮膚の自然保湿を向上させます

真皮の繊維芽細胞を刺激し、より多くのグリコサミングリカンを作ります。この種のゲルが表皮と細胞間に入ります。このゲル質が、大量の水分を貯蔵できるため、皮膚の自然保湿作用を向上させます。

ビタミンAは、皮脂の生産を正規化させます。

関連記事


エステ料金表

運命より綺麗になれる。ドイツ レティパルムのビタミン導入コスメを使用したフェイシャルエステが受けられるのは、多摩地域は当サロンだけ!

アヤケア地図
アヤケアエステ 東京 (羽村市 小作駅 徒歩3分) ◆ 近くの市:羽村市、福生市、昭島市、青梅市、あきる野市、武蔵村山市、立川市、入間市 ◆ 青梅線:青梅駅、東青梅駅、河辺駅、羽村駅、拝島駅、昭島駅、立川駅

LINEからご相談を受け付けています。English・Tagalog・日本語OK。

The access_token provided is invalid.